オイリー肌の乳液はどんな風に選べばよいのでしょうか?オイリー肌と言っても、ただ単に水分量も油分量も多くてオイリー肌なのか、それとも水分量は少ないけれど油分量が多くてオイリー肌になっているのかによって、スキンケアの方法は異なります。もしも可能なら、一度化粧品カウンターなどに足を運んで肌質チェックをしてもらってみると良いでしょう。

 

もしも水分量が不足しているわけではなく、水分も脂分もたっぷりのオイリー肌の場合、そのままの状態でも肌のバランスが取れているので、ニキビができないようなケアをしたり、毛穴がつまらないようなケアを心がけるようにしましょう。乳液はつけてもつけなくてもおそらく肌質的に問題ありませんが、肌トラブルを防ぐという点で、さっぱりタイプの乳液を選ぶのがおススメです。

 

次に、脂分は十分だけれど水分量が不足している肌質の場合には、同じオイリー肌でもスキンケアの方法が異なります。この肌質の場合、水分量が不足しているために皮脂分泌が過剰になっていることが考えられるので、まずは水分量をアップすることで肌の水分バランスを改善するお手入れをすることが必要となります。水分量がアップして水分と脂分のバランスが取れると、皮脂分泌が落ち着いてくれる場合が多く、テカリが気にならなくなります。

 

この肌質のスキンケアは、肌に水分補給ができるヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分がたっぷり入ったものがおススメです。ニキビができやすい人はバリア機能が低下している可能性があるので、セラミド配合のものが良いでしょうし、ヒアルロン酸は肌細胞の一つ一つにたっぷり水分を与えることができるので、肌の水分量を確実にアップすることにつながります。どちらの成分も、もともと人間の体内に存在している成分なので、この成分によってトラブルが起こってしまう心配はありませんし、さっぱりタイプの乳液を選べば、肌がベタベタしたり重くなったり、閉塞感を感じることなく基礎化粧品を使いこなすことができます。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!