皮脂分泌が活発な脂性肌は、こまめなスキンケアをすることで肌トラブルを予防したり改善することができます。毛穴からどんどん皮脂が分泌されてくるので、スキンケアを怠けていると毛穴が詰まってニキビや吹き出物ができやすくなってしまいますし、皮脂が毛穴に詰まることによって、毛穴が広がったり黒ずみの原因にもなるので気を付けましょう。

 

脂性肌は、ニキビ、毛穴の開きやつまり、肌のくすみ、肌のタルミなどの肌トラブルが起こりやすいようです。ホルモン分泌が活発な思春期の頃には、特にニキビができやすくなってしまうので、正しい方法でスキンケアをすることが、肌トラブルを未然に予防したり、症状の改善にもつながります。

 

脂性肌のスキンケアでは、朝と晩の洗顔では、かならず洗顔剤を使いましょう。洗顔剤にもいろいろな種類がありますが、毛穴の中に詰まった皮脂も取り除いてくれたり、ニキビ菌を殺菌してくれるようなタイプの洗顔剤がおすすめです。毛穴の中に皮脂が残らないように、泡立てネットを使ってミクロの泡を作り、泡洗顔するのが理想的です。

 

脂性肌の人は、化粧水や乳液などの基礎化粧品を使わなくても肌がカサカサすることはあまりないようです。しかし、洗顔したままの肌は乾燥しやすいですし、脂性肌から乾燥肌へ移行してしまうと、かなり厄介です。化粧水や乳液などはオイリー肌用のものを使って、肌に保湿と保水をしてあげるようにしましょう。脂性肌用の化粧水は、アルコール成分が入っているものも多く、使用感もサッパリするものが多いようです。コットンなどは使わずに、少量ずつ直接手で何回かに分けて重ねづけする方法がおすすめです。化粧水で徹底的な保湿をすることによって、肌細胞の水分と油分のバランスが改善されます。肌もテカリにくくなるようです。

 

脂性肌の人でも、栄養成分が高濃度に凝縮されている美容液は、問題なく使うことができます。クリーム系のものは皮脂が詰まりやすくなったりするので、あまり使わないほうが良いかもしれません。使用感で選ぶと良いでしょう。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!