お肌の集中ケアとして大人気のパック。脂性肌にはどんなパックがおすすめなのでしょうか?

 

皮脂分泌が過剰になっている脂性肌は、一つ一つの肌細胞に含まれている水分量が不足していることによって皮脂分泌がさらに過剰になっている可能性もあります。思春期の男子のように皮脂分泌が活発になっている場合には、水分量も脂分量も多いのですが、メイクをする年齢の女性の場合には、脂分量が多いのに水分量が不足しやすいという場合も少なくありません。

 

肌細胞は水分量が少なくなると、肌のバリア機能が低下してしまうために皮脂分泌が活発になるという特徴があります。しかし、肌細胞の水分量が正常に戻れば、皮脂分泌も正常な状態に戻ります。その為、脂性肌の場合には、肌がオイリーだからと言ってパックをしないのではなく、水分成分を肌細胞に与えることができる保湿系パックをするとよいでしょう。

 

保湿系パックは、コットンを使って自分が普段使っている化粧水でパックをするのも良いですし、市販されているシートマスクなどを利用するのもおすすめです。保湿効果の高い成分にも色々な種類がありますが、脂性肌におすすめなのはヒアルロン酸やセラミドなど。ヒアルロン酸は肌細胞の内部に水分補給をしてくれますし、セラミドは細胞同士の間の隙間に水分補給をしてくれるので、肌がモッチリとなって透明感が出てきます。

 

脂性肌に限らず、パックは肌の集中ケアなので、毎日行う必要はありません。週に1度を基本として、多くても週に2回ぐらいに抑えておいたほうが良いですね。あまり頻繁にパックを行うと、肌が甘やかされてしまい、パックをしなければ肌が本来のバランスを保てないような弱い肌になってしまうので気を付けましょう。

 

また、パックをするのは、朝でも夜でも良いのですが、朝、洗顔直後にパックをすれば、その日一日のメイクのノリが良くなり、化粧崩れを起こしにくい肌を作ることができます。一方、夜にパックをすれば、肌のターンオーバーに合わせて水分補給ができるので、肌の内側から健康でバランスの取れた肌細胞を作ることができます。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!