脂性肌は、少しでも化粧崩れしにくいメイクをするためにはベースメイクがとても大切です。ベースメイクとは、化粧水から乳液までの基礎化粧品を使い終えた直後に、日焼け止めや化粧下地、ファンデーションまでの過程を行うこと。脂性肌はもともと皮脂分泌が活発なので、ベースメイクの時にもできるだけオイル成分は肌に与えないように、オイルカットされているものを選ぶようにしましょう。

 

ベースメイクには、日焼け止め、化粧下地、そしてファンデーションがあります。これらのアイテムを一つずつ重ねていくと、けっこうなレイヤーになってしまいます。層が厚くなればなるほどメイクは崩れやすくなりますし、化粧直しをするのも大変になってしまいますよね。そこで、脂性肌の場合には、少ないアイテムで多機能なものを使うのがおすすめです。

 

例えば、日焼け止め機能を持っている化粧下地を使ったり、日焼け止め効果のあるBBクリームを使うのも良いでしょう。特にBBクリームの場合には、化粧下地とファンデーションの役割りを兼ねているので、基礎化粧品で肌の調子を整えた後にさっとBBクリームを使うだけでOK。いくつもアイテムを使うよりも簡単で短時間でメイクができますし、化粧直しをする時にも使うアイテムが少なければ簡単ですよね。

 

脂性肌の場合には、どんなアイテムと使っても、皮脂分泌を止めることはできません。しかし、工夫することによって分泌されてきた皮脂で肌がテカってしまうのを防ぐことはできます。

 

そこでおすすめなのが、ルースパウダーやベビーパウダーなど、皮脂を吸収してくれる成分。ベースメイクをした後に、こうしたパウダーをブラシでさっと皮脂分泌が活発な部分に使用してみてください。パウダー成分が皮脂を吸収してくれるので、肌がテカりにくく、メイクも崩れにくくなるはずです。

 

パウダーは、パフでつけるよりもブラシで使うほうが脂性肌にはおすすめです。ブラシを使うことによって、肌の細かい凹凸までパウダー成分が届くので、毛穴の皮脂もパウダーがしっかりと吸収してくれるはずです。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!