脂性肌の中でも特に皮脂分泌が活発な超脂性肌の場合には、メイクをしてもすぐに崩れてしまったり、メイクをしたばかりなのに肌がすぐテカテカになってしまったりして、メイクが長持ちしにくいですよね。ファンデーションを使って皮脂分泌の量をコントロールする事はできませんが、肌のテカリをコントロールすることは可能です。どんなファンデーションをどんな風に使ったらよいのでしょうか?

 

超脂性肌は、肌の表面にすでに皮脂がたっぷりと乗っているので、ファンデーションでさらにオイル成分を追加する必要はありません。もともとある皮脂と、ファンデーションのオイル成分によって、肌の表面はオイル過剰な状態になりやすくなってしまいます。そのため、超脂性肌にピッタリのファンデーションは、オイルカットされているタイプがおすすめです。オイルカットされているファンデーションは、オイルの膜ではなく、水分成分の膜を肌の表面に張ってくれるので、肌の水分がどんどん蒸発してしまう悲劇を防ぐことができます。

 

ファンデーションには、リキッドタイプやクリームタイプ、ケーキタイプ、パウダータイプなど、いろいろな種類がありますよね。それぞれ、カバー力が違ったり、使用感が違ったりするのですが、超脂性肌の場合には、肌の細かい凹凸に合わせてファンデーションの成分をぴったりと吸着させたほうが化粧崩れしにくくなるので、リキッドファンデーションやクリームファンデーションのほうが良いみたいです。ケーキタイプのファンデーションだと、肌の細かい凹凸部分までファンデーション成分が届かないため、ファンデーションが乗っていない部分の皮脂がダラダラと流れ出てきて、テカりの原因となってしまいます。

 

リキッドファンデーションやクリームファンデーションは、使用した直後から肌がテカってしまうような気がして嫌だという人もいるはず。乾燥しているように見えないのがリキッドタイプやクリームタイプのメリットでもあるのですが、テカっているように見えやすいのも事実。そこで、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使った後に、ブラシを使ってルースパウダーを載せてあげる方法がおすすめです。ルースパウダーの成分に皮脂がどんどん吸収されるので、一日中テカらない肌をキープできるはずですよ。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!