脂性肌は、正常な肌質の人と比べると皮脂分泌がとても活発。その為、毛穴の中に皮脂が詰まりやすくなっています。その為、毎日の洗顔タイムには、クレンジングと洗顔剤の両方をきちんと使って、毛穴に汚れを残さないように心がけることが大切です。

 

クレンジングと洗顔剤は、それぞれに役割が異なります。メイクの汚れを落としてくれるのがクレンジングで、皮脂や汗など体内から分泌されてきた汚れを落としてくれるのが洗顔剤の役割。脂性肌だから毎日必ずダブル洗顔しなければいけないというわけではなく、メイクをしなかった日にはクレンジングをする必要はありません。スッピンの日には、朝と夜の2回、かならず洗顔剤を使って洗顔してあげるようにしましょう。

 

メイクをした日には、クレンジングで毛穴に詰まっているメイクの汚れを確実に洗い落とすことが必要です。脂性肌の場合には、肌の表面や毛穴の中にメイクの汚れとともに空気中のほこりやチリなどの汚れも詰まりやすくなってします。その為、クレンジングでメイクを落とすのは、できれば外出先から帰宅した直後がおすすめです。遅くても、肌のターンオーバーが開始される夜10時までにはクレンジングでメイクは落とすようにしてくださいね。

 

脂性肌だと、もともと肌の表面にオイル成分が多いので、肌が強いと勘違いしてしまう人も少なくありません。脂性肌だからと言って肌が乾燥しないわけでもありませんし、敏感肌にならないわけでもありません。洗浄力が強くても肌への負担も大きいオイルクレンジングを使っても良いのですが、クレンジング剤でマッサージをしたりするのはNG。できるだけ短時間でさっとメイク汚れを落としてあげてくださいね。

 

肌に負担をかけないクレンジング剤なら、ミルクタイプやクリームタイプなどがおすすめです。オイルクレンジングほどスピーディに作用するわけではないので、事案をかけて毛穴の中に詰まっているメイクの汚れを落としてあげることができます。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!