肌がオイリーだと、化粧水を付けただけでも肌がテカテカしてしまうような気がしませんか?少しでも肌のテカリを抑えたくて、化粧水などの基礎化粧品を一切使わない人も実は意外とたくさんいるようです。

 

しかし、脂性肌だからと言って化粧水を省略してしまうと、肌の表面が乾燥し、肌のバリア機能が低下してしまいます。そうすると、肌は乾燥を何とか食い止めようとして、さらに皮脂分泌が活発になってしまいます。悪循環に陥ってしまうわけですね。

 

脂性肌だからといって、化粧水を省略するのはNG。オイリーな肌のための化粧水を上手に活用すれば、化粧水で皮脂分泌をコントロールすることも可能です。脂性肌の場合には、できるだけ肌がテカリにくい「さっぱりタイプ」の化粧水を選ぶことが多いかと思いますが、さっぱりタイプというだけではなく、オイルカットされているものを選ぶと、オイル成分ではなく水の成分で肌に膜を張ることができるのでおすすめです。

 

オイルカットされている化粧水は、たくさんの化粧品メーカーからラインナップされています。皮脂分泌が過剰な脂性肌の人は、皮脂によって毛穴がつまりニキビができやすいことも多いため、ニキビ用化粧品としてオイルカットタイプの化粧水がラインナップされている場合も少なくありません。ニキビ用化粧品は、毛穴のつまりを改善してくれる効果があったり、ニキビ菌を殺菌してくれる効果があったり、また、肌の表面を弱酸性にキープすることができたりするので、オイリーな肌が原因で起きる肌トラブルを改善する効果も期待できます。

 

脂性肌の場合には、化粧水をつける時にも、できるだけ毛穴の中まで化粧水成分を浸透できるように工夫することが大切。コットンやパッドなどを使って化粧水をつける方法では、肌の表面に残っている角質を除去することはできますが、毛穴の中まで化粧水成分を入れてあげることができません。その為、できるだけ手で直接つけてあげたほうが良いみたいです。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!