スキンケアの基本は洗顔と言われていますが、その中でも脂性肌の人にとっては、洗顔剤にどんなものを選ぶかによって、また洗顔方法によって、その後の肌に大きな変化を実感できます。脂性肌の場合、皮脂分泌が活発で毛穴が詰まりやすい状態になっているので、洗顔剤を選ぶ際には、毛穴の中にこびりついている皮脂や汚れをスッキリ根こそぎ洗い流せる成分が入ったものを選ぶのがおすすめです。例えば、吸着力に優れたクレイ成分が配合されているものなら、毛穴の中の汚れを確実に吸着して洗い落とすことができるので、脂性肌によるトラブルを起こしにくい肌質へと近づくことができます。

 

殺菌成分が入ったものも効果的です。脂性肌の場合、分泌された皮脂が雑菌にとっては美味しいエサとなるため、皮脂を食べた雑菌がどんどん増殖することによってニキビなどのトラブルを起こしやすくなるという特徴があります。そのため、洗顔料の中に殺菌成分や抗菌成分が入ったものを使うことによって、皮脂が分泌されてもそれをエサとして増殖する雑菌を撃退できるので、トラブルを起こしにくい肌質へと近づけます。

 

洗顔方法ですが、毛穴を出来るだけ開いた状態で洗顔したほうが毛穴の中の汚れを確実に落としやすくなるため、トラブルを起こしにくい肌質へと近づけます。そのためには、洗顔前に蒸しタオルを肌に乗せて毛穴を開いたり、スチーム美顔器を使って毛穴を開くなどの手順を踏むと良いでしょう。少し面倒ですが、蒸しタオルを作る際には、水で濡らして絞ったタオルを電子レンジに入れて20秒〜30秒程度チンするだけで、かなりホカホカの蒸しタオルを作ることができるので、簡単な方法を見つけて上手く毎日のスキンケアに取り入れたいものです。

 

また、脂性肌だと一日に何回も洗顔料を使って洗顔したくなってしまいますが、肌表面の角質まで取り過ぎてしまうので気を付けましょう。基本的には洗顔料を使っての洗顔は朝と夜の2回だけにして、その他は水洗顔をするのがおススメです。スポーツをしたりして汗や汚れがひどい時には、昼にもう一回洗顔料を使ってもOKですけれど、多くても1日3回までにしておきましょう。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!