スキンケアの基本は洗顔と言われていますが、オイリー肌の人はノーマル肌と比べると皮脂分泌が活発なため、洗顔では一工夫必要です。一般的な洗顔方法では、洗顔剤を泡立てネットなどを使ってよく泡立て、きめ細かい泡を毛穴の中に押し込めるような感じで泡洗顔を行います。洗い流す際には熱いお湯を使ってしまうと肌表面に必要な角質層まで剥がれ落ちてしまうので、できるだけ冷水に近いぬるま湯を使うのが、洗顔で肌を乾燥させすぎないコツです。

 

オイリー肌の場合には、通常よりも皮脂分泌が活発なため、毛穴の中は皮脂や汗がこびりつきやすくなっているので、洗顔の際にはそうした汚れをしっかりと洗い落としてあげることが必要です。まず、洗顔方法は泡洗顔を選択するという点では他の肌質と同じですが、配合されている成分は毛穴の中の汚れをしっかり洗い落とすことができる優秀な物を選びましょう。例えば、吸着作用がバツグンのクレイなどが配合されている洗顔剤を使うと、毛穴の中にこびりついている皮脂や汗、汚れなどもしっかりと書き出すことができます。

 

また、オイリー肌は洗顔剤をすすぐ際に、お湯の温度は少し高めでもOKです。もちろん、冷水ですすいでも良いのですが、あまり冷たすぎるお湯だと肌表面の皮脂がシッカリと取れないので、ノーマル肌と比べると少し温かめの温度にすると良いでしょう。熱いお湯で洗うとオイリー肌の場合にはとても爽快でスッキリできますが、オイリー肌でも肌表面に必要な皮脂までも取り過ぎてしまうのは、皮脂分泌がさらに過剰になってしまう原因になりますし、肌トラブルを引き起こしてしまうのでおすすめではありません。

 

ノーマル肌だと、洗顔剤を使った洗顔は、朝と夜の一日2回までとなっています。これ以上の回数になってしまうと、皮脂を取り過ぎてしまってバリア機能が低下してしまうのでNGです。しかしオイリー肌の場合には、洗顔剤を使った洗顔は1日2回までですが、もしも日中に肌がテカテカして気になる時には、水洗顔で余分な皮脂を取り除いてあげても大丈夫です。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!