脂性肌だと、特にスキンケアをしなくても肌がつっぱったりカサカサになったりすることもないため、ついつい普段のスキンケアをさぼってしまう人も少なくありません。しかし、皮脂分泌が活発な肌でもそうでない肌でも、肌細胞の表面は常に空気に触れているため、毛穴から少しずつ肌細胞の中にある水分が蒸発してしまいます。

 

そんな状態がどんどん続くと、皮脂分泌が活発な脂性肌でも、乾燥肌や敏感肌を引き起こしやすくなってしまいます。肌細胞の水分がどんどん蒸発してしまうことによって肌のバリア機能が低下し、それが敏感肌を引き起こすことも少なくありません。

 

脂性肌が敏感肌になると、どんな症状になるのでしょうか?肌のバリア機能が低下すると、肌自身はダメージを回復しようと皮脂分泌がさらに活発になります。もともと皮脂分泌が活発な脂性肌なのに、さらに皮脂分泌に拍車がかかってしまいますから、化粧崩れはさらにスピードアップしますし、肌もテカテカになってしまうというわけです。

 

脂性肌と敏感肌、どちらも兼ね備えている人は、まずは敏感肌の症状を改善するためのスキンケアが必要です。化粧水や乳液などは、それぞれ肌に水分補給をしたり、水分が蒸発しないような働きをしているので、省略せずに、肌に合ったものを見つけて、必ず使用するように心がけましょう。肌のテカリやべたつきが気になる場合には、さっぱりタイプの基礎化粧品を使うのもおすすめです。

 

敏感肌のケアをすることによって肌のバリア機能が少しずつ改善します。そうすると、過剰に皮脂分泌を行う必要がなくなるため、脂性肌の皮脂分泌も少し落ち着いてきます。肌の調子が良くなり、使っている基礎化粧品が肌に合っているなら、そのまま敏感肌用の基礎化粧品を使い続けても全く問題ありませんし、肌の調子はさらに良くなることも多いようですよ。

 

脂性肌から敏感肌にならないためには、普段のスキンケアを忘れずに行うことが大切です。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!