自分では脂性肌だと思っていても、実は乾燥肌だった、という人は少なくありません。これは、間違ったスキンケアや食生活、生活習慣などで肌細胞が乾燥してしまうことによって、肌のバリア機能が低下し、それを補うために皮脂分泌が過剰になっている状態を見て「自分はオイリー肌なんのだ」と思い込んでしまうケースが多いようです。

 

自分の肌が脂性肌なのか乾燥肌なのか分からないという人は、簡単にチェックできる方法があります。

 

入浴後のすっぴん肌を、そのまま10分程度放置してみてください。乾燥肌の人は、10分も待たずに肌がカサカサしてくるはずです。極度の乾燥肌だと10分以内に肌が乾燥しすぎて白く粉を拭いてしまう場合もあります。

 

健康な肌の場合には、10分前後ぐらいで肌がなんとなくつっぱったような感じになります。

 

脂性肌の場合には、10分程度放置したぐらいでは肌がつっぱることがなく、スッピンで放置したことによって肌がテカってしまうとほど、「肌尾ツッパリ」とは無縁なのが特徴です。

 

このテストで、今まで脂性肌だと思っていた自分の肌が実は乾燥肌だった、と気づいた場合には、脂性肌用のスキンケアではなく、乾燥肌用のスキンケアを始めることが必要です。肌が乾燥することによって皮脂分泌が活発になっている場合には、肌の乾燥をケアする事によって皮脂分泌を抑え、脂性肌のような状態を改善することができます。

 

乾燥肌用のスキンケアでも、肌トラブルが起きやすくなっている場合には、ニキビケア用のスキンケアを使うのもおすすめです。ニキビケア用のものなら、アクネ菌を殺菌してくれる成分なども配合されているので、乾燥肌をケアしながら、ニキビができにくい肌質を手に入れることもできます。ニキビケア用スキンケアは、さっぱりタイプとしっとりタイプがある場合が多いのですが、乾燥肌の場合には、さっぱりタイプではなくしっとりタイプのほうが良いでしょう。肌をさらに乾燥させてしまうようなスキンケアは、できるだけ避けるようにしましょう。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!