脂性肌は、肌の毛穴で行われている皮脂分泌が活発になりすぎていることが原因で起こります。この皮脂分泌は、どんな原因によって活発になったり、控えめになったりするのでしょうか?

 

皮脂分泌をコントロールしている原因にはたくさんありますが、その中でもよく知られているのが、ホルモンによるもの。ホルモンにもいろいろな種類がありますが、男性ホルモン、成長ホルモン、女性ホルモンの中でも黄体ホルモンと呼ばれているホルモンは、皮脂分泌を活発にするホルモンです。

 

女性よりも皮脂分泌が活発で、肌がオイリーになりやすい男性。これは、男性ホルモンの働きによるものです。男性の肌が脂性肌でニキビができやすいというのも、男性ホルモンの働きによって皮脂分泌が活発になっているからです。

 

成長ホルモンとは、人間が成長するときに分泌されるホルモンで、思春期の頃に成長ホルモンがたくさん分泌されます。思春期になるとニキビができやすくなってしまったり、思春期男子の肌がオイリーになりやすいのは、この成長ホルモンの仕業です。

 

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。このうち、卵胞ホルモンは美肌効果や豊胸効果など、女性ならどんどん分泌して欲しい働きがたくさんありますが、黄体ホルモンは男性ホルモンと同じような働きをしてしまうため、肌は脂性肌になってニキビができやすくなってしまうわけです。

 

卵胞ホルモンも黄体ホルモンも、健康な体なら誰でも両方とも分泌されています。しかし、それぞれのホルモンが活発に分泌されやすい時期があり、卵胞ホルモンなら生理開始から排卵日まで、黄体ホルモンは排卵日から次の生理日までが活発に分泌される時期となります。

 

ホルモン分泌は、自分で意識して分泌量を増やしたり減らしたりすることはできません。しかし、生活習慣や食生活を工夫することによって、ホルモン分泌に負けない強い肌を作ることはできますし、肌のバリア機能を強化することで脂性肌をコントロールすることが可能になります。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!