脂性肌を改善するためには、肌がオイリーになってしまう原因を突き止めて、根本的に解決することが必要です。

 

例えば、乾燥肌が過剰な皮脂分泌を引き起こしている場合。実際には肌は乾燥肌なのに、皮脂分泌が過剰なために脂性肌だと勘違いしてしまう人も少なくありません。この場合には、皮脂分泌を過剰にしている原因は「肌の乾燥」にあるので、徹底的な保湿ケアをすることで肌の乾燥をストップすることが、脂性肌の改善につながります。

 

ホルモン分泌が活発で脂性肌になっている場合には、食生活や生活習慣を改善することによってホルモン分泌のバランスを改善するとよいでしょう。

 

ホルモンバランスを改善するのに最も有効なのは、睡眠です。睡眠不足やストレスなどは、皮脂分泌が過剰になってしまうので、脂性肌に拍車をかけてしまいます。寝不足の日や慢性的な疲労やストレスを抱えていると、肌がドンヨリくすんでしまったり、なんとなくオイリーな肌になってしまうことってありませんか?それは、睡眠によって肌の新陳代謝が正常におこなわれていないから。睡眠時間はできるだけ毎日7時間ぐらいは確保するように心がけましょう。その中でも肌の新陳代謝が行われる夜10時から翌朝2時までの4時間は、肌際簿が集中的に新陳代謝をする時間帯。この時間帯にグッスリと熟睡していることが、ホルモンバランスを整えて脂性肌の改善につながります。

 

適度な運動も大切です。運動をすることで血行が促進され、体内の脂質が燃焼されます。体のすみずみまで栄養成分や酸素が行き渡りやすくなるので、肌のバリア機能も改善されて脂性肌にもなりにくくなります。普段から運動不足の人が、いきなりハードな運動をしようとすると、それがストレスにもなりかねません。普段の生活の中でウォーキングなどを上手に取り入れながら、ストレスを感じない方法で運動するとよいでしょう。

 

皮脂分泌を活発にする食生活も、できるだけ控えたほうが良いですね。揚げ物のように高脂質な食べ物や、スイーツ系などのように高糖質な食べ物は、皮脂分泌が活発になるので脂性肌に拍車をかけてしまいます。脂質と糖質を控えて食物繊維を積極的に摂取すれば、脂性肌も改善されてくるようです。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!