皮脂分泌が活発な脂性肌の人は、毎日使う化粧品によって、肌質がさらにオイリーになることもあれば、テカりにくくすることもできます。化粧水や乳液などには「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」がラインナップされている化粧品ブランドが多いのですが、脂性肌の場合には肌がベタベタしやすいので、「さっぱりタイプ」を選びがち。確かに、さっぱりタイプのほうが使用感もサラッとしているものが多いですし、メイク直後に肌がすでにテカっているなんて言う悲劇を避けることもできますよね。

 

しかし、脂性肌の人が化粧品を選ぶ場合には、肌に必要な皮脂までも過剰に取りすぎず、ベタベタしない水の膜で肌を包んでくれるようなタイプの化粧品を選ぶ必要があります。ただ使用感だけで選んでしまうと、肌に必要な皮脂までも過剰に取りすぎてしまい、その不足分を補おうとして、肌はかえって皮脂分泌が過剰になってしまうこともあります。肌に必要な皮脂は残して、多すぎる皮脂のみを取り除くためには、水の膜で肌を覆ってくれるような化粧品がおすすめです。

 

どんなタイプの化粧品が良いのでしょうか?

 

脂性肌におすすめなのは、ずばり、オイルカットタイプの化粧品。オイルカットとは、化粧品の成分の中に肌がベタベタする原因となるオイル成分が入っていない化粧品。オイル成分が入っていなくても保湿成分はもちろんたっぷり配合されているので、肌細胞の一つ一つに水分補給をしてあげることができます。また、オイルカットの化粧品は、化粧水はもちろんですが乳液などもラインナップされているので、肌がベタベタすることなく、化粧水で与えた水分を乳液で肌の内側に閉じ込めてあげることができます。

 

乳液というとベタベタして肌がテカるという印象を持っている人も少なくありません。確かに、そういうタイプの乳液もたくさんあります。しかし、オイルカットタイプの乳液は、ゼリー状になっているものもたくさんありますし、使用感もサラサラしていて、乳液というイメージを一蹴してくれるものも少なくありません。しかも、ニキビ用化粧品などを使えば、肌表面の皮脂の酸化を抑えてくれる働きもするので、くすみにくい肌を手に入れることもできそうですね。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!