「肌がテカらない!」
と脂性肌からは絶大な支持を受けているホホバオイル。ホホバオイルはオイルと言っても使用感があまりベタベタしないタイプのオイルで、オイル成分というよりは保湿効果のある別の成分と考えたほうが良いでしょう。ホホバオイルはマイルドで肌トラブルを起こしにくいため、肌質を選ばずに使えるのも、人気の理由かもしれませんね。

 

ホホバオイルの主成分でもあるワックスエステルという成分は、実は人間の肌細胞に含まれている皮脂成分とよく似ています。肌トラブルを起こしにくいのはそのためで、敏感肌の人でもホホバオイルなら大丈夫という人は少なくありません。

 

そんなホホバオイルを肌につけると、さっと肌に浸透してくれるだけでなく、乾燥しやすい肌質でも肌が保湿されてモチモチになります。乾燥肌の人が使用すれば保湿ケアができます。

 

ホホバオイルの効能は、それだけではありません。肌の皮脂成分と同じ構造をしているワックスエステルの働きにより、肌の表面にはホホバオイルによる「擬似皮脂」の膜が作られ、肌細胞は、すでに肌表面には十分な皮脂が分泌されているという錯覚を起こします。それによって、皮脂分泌がコントロールされ、さらなる過剰な皮脂分泌を抑えることができます。

 

肌が皮脂と勘違いしているのは、実際の皮脂や汗ではなく、ホホバオイル。体内にスーッと吸収されてベタベタしないホホバオイルですから、毛穴が詰まったり、皮脂が酸化して肌がくすんでしまう心配も必要ありません。

 

また、ホホバオイルでスキンケアを行うことにより、乾燥しやすい肌でも高い保湿効果が期待できます。肌細胞の水分も蒸発しにくくなるので肌の水分バランスも改善されたり、バリア機能が改善される効果も期待できます。それによって、肌トラブルを起こしにくくなるという相乗効果も期待できてしまうわけですね。

 

ホホバオイルを使ったスキンケアは、慣れないうちは夜のスキンケアから始めると良いでしょう。寝ている間の新陳代謝によって、ホホバオイルの効果がスピーディに実感できます。そして、肌質がある程度改善されてきたら、朝のスキンケアにも使ってみてくださいね。肌のテカリやベタベタ感もぐんと少なくなるはずですよ。

 

脂性肌対策商品をアマゾンで探す!

 

脂性肌対策商品 当サイト人気ランキングを見る!